大阪で二重手術をするならメスを使わない腕の良いクリニックへ

SITEMAP

二重整形

二重手術は何歳から受けられる?

黄色い花

お父さんもお母さんも二重まぶたのはずなのに、生まれてきた赤ちゃんが一重でびっくり!赤ちゃんは可愛いけれどなんとなく気になる。そう思っているお母様もいらっしゃるのではないでしょうか。中には「二重じゃないの残念!」なんて、心ない一言をご親戚からかけられて傷ついた。そんな体験をされた方もいらっしゃるかもしれません。
でも、生まれたばかりの赤ちゃんのまぶたはむくみや脂肪で厚めになっています。そのため、赤ちゃんは一重まぶたであることの方が多いのです。赤ちゃんの消費カロリーが増えていくと同時にまぶたのお肉もすっきりして、ぱっちりした二重まぶたになることもありますから、まずはしばらく様子を見てみてくださいね。
痣や黒子の除去などで、赤ちゃんのうちからお顔の二重手術を受けるお子さんもいらっしゃいます。まぶたの二重手術も早い場合は10歳くらいから行う子も。でも、一番大切なのは「二重がいい」という大人からお子さんへの価値観の押し付けになってしまわないこと。二重手術は小さな子にとって痛みや恐怖感も伴いますから、お子さんが納得していない状態での手術は危険です。
もしも、お子さんから二重手術を受けたいという相談があったときは、お母さんだけの判断ではなく、家族で一緒に考えてあげてくださいね。

おすすめ記事

黄色い花

二重手術は何歳から受けられる?

お父さんもお母さんも二重まぶたのはずなのに、生まれてき…

キレイな目

やはり専門の病院がオススメ

20歳の頃に、自分の腫れぼったい一重まぶたが嫌で、二重…

青い目

二重の種類を知ろう

二重にはいろいろな種類があります。まず末広型と…

» SITEMAP